2010年03月13日

24日記事掲載。メイ、庭の池に頭までどっぷりはまる。今も語り継がれるエピソードに。

 地元新聞に私の記事が載ったのは、運動会の翌日24日のことだった。二胡を抱えて座る写真も結構大きく出ている。うれしいと言うより、ひどく恥ずかしく複雑な気持ちだった。そして、どんな反応、反響があるかがとても気になった。

 日本に帰国してちょうど丸1ヶ月経ったその日、運動会の代休で家で遊んでいた娘たち、ランが家の中に駆け入って来た。
「ママ〜、メイが池に落ちた!」
 
 え?!

 しばらくして、本当にずぶ濡れになったメイがとぼとぼと歩いて来た。
 まだ9月とはいえ、かなり寒そうだし、泥もついてそうなので急いでお風呂を用意してやる。メイは泣かず、ただ驚いているだけだった。

 近くで見ていた父が言う。
「びっくりしたと思うわ。どっぷり浸かって、頭のてっぺんの半径10センチくらいだけが見える瞬間があった。」
と、笑いをこらえる調子で報告する。
 実際、危険な状況ではなかったので、今なお語り継がれる笑い話になっている。
 「どんぐりころころ どんぶりこ お池にはまってさあたいへん
どじょうが出て来てこんにちは……」
 この歌をちょうど覚えた頃だった娘たち。
池の鯉たちもびっくりしたことだろう。
posted by マダム スン at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母娘3人、日本生活始まる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。