2010年03月11日

記者・安田さんと父も縁あり。新聞では二胡の音は出せない?! 緊張の取材、無事終了する。

 記者・安田さんは、私より3歳ほど若い青年だった。
「来てくれる記者は安田さんていう人らしいよ。」
と父に話すと、中学校教諭だった父の教え子だということがわかっており、親近感は会う前から湧いていた。もちろん安田さんの方も承知の上で、
「僕、理科は苦手だったんで、お世話をかけてしまいました。」
と言う。謙虚な人だ。だいたいそういう人ほど結構よく出来たんだと思う。

 40分ほど応接間で話をする。新聞社に送ったメールには二胡のことも書いていたので、最後に二胡を持った姿を写真に撮りたいと言われる。
 畳敷きの奥の間に移動し、二胡を持ち、構えて、
「弾きましょうか?」
と緊張して訊ねると、
「写真だけでいいですよ。」
とあっさり答えられた。
 数枚シャッターを押した安田さんは、4〜5日後の紙面に載せられると思います、と丁寧に言い、帰って行った。

 あとで両親に話すと、
「新聞では二胡の音は聴けへんのやから、弾く必要ないやろ。」
とあきれられた。
 まあ、それもよかった。とにかく、またひとつステップを踏んだ気持ちになった。
posted by マダム スン at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母娘3人、日本生活始まる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143132973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。