2010年02月27日

『客家の祖母より、綿々と』〜2〜

 台湾北中部の3縣、桃園、新竹及び苗栗は客家人が多く住む地域だ。台湾総人口の3分の1以上が集中する台北を離れるや否や、緑が増え、山が近づき、空が広がる。苗栗縣も、山地がその面積の80%を占める、のどかな里だ。

 祖母宅から百メートルほど行った山麓に五聖宮が座している。いわゆる純粋な仏教と異なり、仏教、道教、儒教が複雑に融合して発展してきた民間信仰の廟で、赤や黄を基調とした複数階建てになっている。そこには数人の神像が祀られ、ひとつの廟参拝で、複数の神仏を拝める。
 神仏同士がケンカでもしはしないかと、と浅薄な危惧がよぎるが、台湾の人々はその合理性を優先した。
 義母がその日を帰省に選んだのは、五聖宮で当日催しがあるためだった。ふだんから披露宴なども行われ、私も上の娘を連れて、祖母に付き添い列席したことがある。何はともあれ、祖母を訪ねた時は必ず足を運ぶ、馴染み深い場所だ。
 五聖宮の立派かつ派手な鳥居は廟から遠く、そこを越えてから祖母宅や他の多くの民家が散在している。車中で眠気、退屈と闘っていた娘たちは、着くなり散歩に出かけたがった。例年より寒く長かった冬は、去る速度も鈍く、とりあえずしっかり上着を羽織って、我が家四人は散策に出かけた。
posted by マダム スン at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母娘3人で日本へ帰ることになる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142171038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。