2010年02月22日

失業・在宅3ヵ月半にして、リーようやく転職を決める。勤務地は台北市内湖区。恒常的渋滞避けられぬ場所ながら、ひとまずホッ。

さて、5月から続いたリーの失業・在宅状態は、8月19日ようやく決定的な進展と展開を見せた。9月1日より、かつて私とリーが知り合った会社の共通の元同僚が紹介した会社に行くことを決めたのだった。
ここでも書いたことがあるが、台湾大手の映画会社社長夫妻がその息子に始めさせたケータイに何やら配信する新会社である。
もともとリーはそこをあまり気に入らず、断わっていたのだが、向こうが譲歩したり、ラブコールを送り続けたことでリーの気持ちも徐々に変化して行ったようだった。
それに私が思うには、8月25日には娘たちが日本へ去り、寂しくなってしまう。ずっと無職状態も良くないし、家にいても仕方ないと考えたのだろう。

それはそれで私は大歓迎だった。ひとりポツネンと家にいて妻子の日本移住を恨まれるより、毎日通う場所があるのは精神的にも時間的にもいい具合に紛れるはずだ。給与もまあまあだった。

リーがいちばん嫌がったのは通勤であった。
台北市の内湖区に会社があり、いわば台北を縦断して通わねばならない。空いていれば25分くらいで行けるが、例によって恒常的渋滞に悩む台北では、まずそんなスムーズに行くことはほとんどない。その倍は見ておかねばならないし、彼のせっかちな性格には、トロトロとしか進まない渋滞が事のほか厄介だったのである。

ちなみに、この内湖区は近年開発が進んだ新興商業地域と言える。
台北市中心部には遠いが、新しいビルや商業区域が設けられ、都心部から移転する会社も少なくないのだ。
posted by マダム スン at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母娘3人で日本へ帰ることになる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141771387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。