2010年02月18日

上海移住1年、妊娠中の義妹たち親子が夏休みで台湾へ里帰り。中正紀念堂、蒋介石像のある建物の地下部分でマンモス展開催。

幼稚園を自主卒園し、毎日が週末になったランの子守りが増えたが、家族で上海へ移住した義弟一家のうち義妹と2人の子どもたちが夏休みのため台湾へ一時帰国してきたので、リーはたびたび娘たちを連れて彼らが滞在している義母宅へ行った。
例によって義妹は第3子を懐妊中で、もうそのお腹がかなり目立つようになっていたが、彼女は生来アクティヴで、遊びに出かけるのが好きなタチゆえ、しょっちゅう家にいなかった。悪阻がひどかった私は、リーに、
「彼女、あんなにウロウロして大丈夫なのかなあ?」
と言うと、
「悪阻なんてほとんどないみたいだし、3人目にもなると慣れたもんで何ともないんじゃない?」
……。たしかに。

が、上海の義妹たち親子が台湾へ里帰りするのはその後、旧正月の年一回になった。小学生の2人の子どもたちは学業やピアノ、サッカーの練習で多忙ながら台北へ帰りたがったが、家族は5人に増え、往復の飛行機代は大きな負担となってきたのだ。

さて。アウトドア派のリーは8月の酷暑にもかかわらず娘たちを連れ出したが、私は紫外線も怖くて同行しないことが多かった。
しかし、そんなことばかりもしておられず、リーが出かける日、私はバスと地下鉄で台北市内の中正紀念堂へ娘たちと向かった。
『長毛象特展 TAIPEI2008』〜沈睡18000年的氷原巨獣〜
というマンモスの展覧会が開催されていると友人から聞いたのだ。

中正紀念堂は有名な観光名所のひとつだが、蒋介石像がある建物の地下のような部分には、大小様々なホールがあるのを私はその日まで知らなかった。
マンモス会場はそこであった。
posted by マダム スン at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母娘3人で日本へ帰ることになる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141388985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。