2010年02月09日

私の日記は旅日誌に。宿で午睡後、リーと娘たちは水着に着替え、ビーチに降りる。ヤドカリたちと帰還。夕暮れの繁華街へ出発。墾丁での夜。

リーと娘たちの午睡中、私は音を立てないよう用心して荷物の整理をしたり、日記をせっせと書いた。
私はこの半生で幾度となく日記を書いてはやめ、書いてはいつの間にかやめをくり返して来たが、第一子のランが生まれた2003年以来欠かさず綴っている。
その日記は旅行中、旅日誌も兼ねるため、ふだん1ページで終えるところが収まらず、長くなっていた。

午睡から覚めた目覚めた娘たちは満を持した様子で水着に着替える。
海、山、アウトドア大好きなリーも、「4時半かあ。まだ太陽サンサンだけどなあ」と言いつつも、やる気まんまんである。
「ママも行こうよ!」
誘われたが辞退する。台北にいてさえ、強い日差しですぐポツポツと強敵シミが芽を出すと言うのに、こんな海岸になど恐ろしくて出られない。許せ、ラン、メイ。

ヤドカリのような可愛い海のコたちを持ち帰った3人。
リーは疲れてぐったり、娘たちはもっと遊ぶと言い張ったらしい。

着替えて6:20頃、徒歩で繁華街へ出る。
歩いているとどんどん夕闇が降りて来る。
海辺の町が、またちがう顔を見せ始めた。
posted by マダム スン at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140628194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。