2010年01月19日

4月30日とうとうリーは失業。次なるあてはまったくナシでも彼は平気な様子。伊巴珈琲で新作構想練る。後に350枚の大作完成。5月6日午後、顎関節症専門外来へマウスピースを取りに行く。

台湾大学病院顎関節症専門外来2度目の受診翌日4月30日、リーはとうとう財務状況が火の車だった会社を辞め、失業した。次なるあてなど全くなく、5月中旬上海へ一週間ほど行く予定くらいしか入っておらず、私も日本の両親もたいそう不満かつ心配だったが、彼自身はひどい会社を退職し清々した様子だった。退職金や失業保険があるわけでないのに彼がのんびりしていられたのは、株をやっていたおかげだろう。

リーが在宅になり便利になったことは、彼がメイと午睡をするので平日でも伊巴珈琲に行き、一服できるようになったことだった。
胃潰瘍から復帰後、王さんは芳しくない経営状況打破のため、営業時間を変えたり、朝食をやろうかとか、新メニューをレシピ本を見ながら練ったりするようになっていた。
私も意見を求められ、2人であーだこーだ考えたりもした。

その日、伊巴珈琲の店内で小説の構想が浮かぶ、
一週間ほど前、台中に帰省した台湾人の友人からもらった電話がきっかけだった。某テレビ局に勤める愛称ゴマくんから、学生時代通った師範大学そばの食堂が店を閉めたという話から、いつかは書きたいと思っていたテーマがどんどんまとまり始めたのだ。
その後、その作品は10ヶ月ほどかかり、原稿用紙350枚の大作に仕上がることになる。

5月6日(火)昼食後、リーにメイを任せ、台湾大学病院へ向かう。
マウスピースが出来上がる日で、午前中ではなく午後来るよう言われていたのだ。
posted by マダム スン at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138727683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。