2010年01月18日

天ぷらやけど通院やっと終了。リー、何とか4月末まで勤める。有給消化で休み多く、家事増える。3ヶ月ぶり、顎関節症専門外来へ。マウスピース作製に入る。

天ぷら油での右手甲のやけどは10日間ほどの通院を強いて、ようやく治療を終えた。かなり重症だったようで、その後も長い間、甲には直径4pほどの傷跡が残った。

社長との口論で明日にも失業かと思われたリーだが、その後は社長とほとんどまともに会話することはなかったものの何とか月末まで勤めてくれた。
しかし、有給を消化するためもあり、4月彼はしょっちゅう休みを取り私の家事はさらに増大した。
娘たちは休む間もなく風邪をひき、40度の高熱で座薬を入れることもあったし、私たち夫婦もうつされることは多々あった。子どもの風邪はあなどれない。しっかり大人にも感染し、症状も決して軽いわけではないのだ。

さすがに痛みが増し、4月29日、3ヶ月ぶりに台湾大学病院歯科顎関節症専門外来を受診する。
電話で予約していたし、受付も5番と早くすぐ診てもらえたが、王若松医師の勧めでマウスピースを作ることになり、その模型取りに40分ほど要し、例の注射も打ってもらったりで、清算が終了したのが11時。
マウスピースは日本の日赤でも話を聞いたが、やはり有効らしい。
「例えてみれば、足を怪我した人が松葉杖をついて痛みを和らげるようなものなんですよ」
と王医師は説明した。
実習生かと思しき若い助手のような男の子が私の「歯形」を取ってくれる。水分を含んだ粘土のようなものを何度も口に入れられ、顎が疲れた。
出来上がりは一週間後。
その予約もして、急いで家路についた。
posted by マダム スン at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。