2010年01月12日

入園半年、ランは私の日本語にすべて中国語で反応。春到来。NHKの選抜高校野球中継などでかろうじて春感じる。リー、会社を辞めると宣言。失業何食わぬ顔に不安と不満。

ランが幼稚園に入園して半年。
私は娘たちと日本語で話すようにしていたが、ランは私の日本語にすべて中国語で応えるようになっていた。
「ママには日本語で話しなさい。じゃないとじーちゃんばーちゃんたちとお話できなくなるよ。」
と言い聞かせ、彼女もやってみようとするのだが、なかなか日本語が口をついて出ず、つらそうだ。
あまりにしんどそうなのであきらめてしまったが、メイは家で私といる時間が長い分まだマシだったものの、姉と遊ぶ時間が多いゆえ、メイの中国語もどんどん上達していった。複雑な心境であった。

さあ、春到来。
3月下旬ともなると台北は25度を超える日も増えて、いわゆる「春」という感じでもないのだが、NHKでは『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんお姉さんが新しい人にかわったり、春の選抜高校野球大会準決勝以上の試合が中継されたりするおかげで、日本人として馴染み深い春を少しは味わえた。

だが、人生の春は寄って来なかった。
リーは4月いっぱいで破産しそうな会社を辞め、しばらく上海へ行くと宣言。失業状態に安住することをさほど気に病んでいない様子にも不安や不満は募った。
日本移住への具体策も立たず、春ながら心は沈んでいた。

posted by マダム スン at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。