2009年12月28日

台湾の総統をご存知ですか? 現総統・馬英九、当時国民党党首として応援演説にやって来る。近所の小学校は、準備や警備でにぎやか。家族そろって見に行く。

「師走」とは日本独自の12月を指す言葉で、中国語にはない。
それはいいとして、台湾も12月に入った。
8日、土曜日だった。リーが言う。
「今日、そこの小学校に馬英九が来るよ。見に行く?」
日本で台湾の政治や政権について詳しく報道されることは少ないが、今の総統(日本の首相に当たる)は誰かご存知だろうか。
李登輝、陳水扁と来て、現在は国民党の馬英九である。民進党から国民党へ政権移動した画期的な総選挙であった。

さて、この馬英九氏。
台北市長や国民党党首を歴任してきた人だが、長身かつ甘いマスクでかねてから特に女性に人気の高い政治家だった。「有権者が全部女性なら彼が勝つのに」と皮肉られることもあるほどだった。
しかし、ただルックスが良いだけではない。私が大学付属の学校で中国語を学んでいた頃、政治の話になると先生たちの中で馬英九をけなす人は一人もいなかった。ハンサムだけじゃない、人柄がいいのだ、と男の先生も話していた。そんなわけだから、私の馬英九に対する印象が悪いはずはなかった。

現に、義妹や叔母たちも彼のファンで「腕組んで写真撮ったことあるわよ」なんて自慢げに言っていた。
その晴れた12月上旬の土曜日、私が住む地域から出馬する国民党党員の選挙活動のイベントに、党首の馬英九が応援に来るということらしい。まだ彼が総統選挙を征し、総統になる前のことである。

「行く、行く!」
すでに娘たちも見知っていた馬英九を家族そろって見に行くことになった。歩いて5分足らずの小学校グラウンドは朝から準備や警備の警官などでにぎやかだった。
posted by マダム スン at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。