2009年11月27日

ランの幼稚園探し終了。自宅から徒歩3分、私立永華幼稚園に入園申込。先生はすべて英語名使用、台湾ではよくあるコト。4月22日はもうひとつ重要な出来事が……

幼稚園探しは楽しかった。どこへ行っても歓迎されるし、そこの遊具で娘たちは遊べるので、先生たちとの会話と子守りを同時進行できて楽でもあった。
見るべきものは、設備、立地条件、全体の雰囲気、先生、保育料などだが、自宅からの距離も重要だった。

その観点から、リーのイチ推しは、徒歩3分くらいで、自宅から2番目に近い永華幼稚園だった。
私は徒歩約10分圏内を見て周り、最大規模の永華はアットホームさに欠けたり、義妹の見学時の印象悪さを聞いており、ランクは下位だった。
それで、訪問した幼稚園の特徴やウリをその都度リーに宣伝したが彼の考えは変わらず、半ば仕方なく、最後に永華幼稚園を見学に行った。最初に応対してくれたのが主任のクレア老師で、懇切丁寧に説明し、3階建ての園を案内してくれる。クレアと言っても、生粋の台湾人なのだが、発音の難しい中国語名ゆえか、すべての先生が英語名を持ち、園児たちもそれで呼んでいる。台湾では珍しくないことだ。
最後にクレア老師は「パパもまた一緒に来てください。それから、4月中に入園申込していただくと2千元割引特典がありますよ。」と言う。

その日曜日、クレア老師はわざわざ自宅に電話をくれ、一家4人で見学に行くことになり、その日に私たちはランの幼稚園を永華幼稚園に決定する。
私の「永華嫌い」が緩和したのは、園内が広く、大規模幼稚園のぎゅうぎゅうした窮屈なイメージが吹っ飛び、リーが推し続けた「自宅から近く、園庭がこの辺りで一番広い」点に私も良さを痛感したからだ。日本ではあまり考えにくいが、幹線道路際に建ち、園庭を持たない幼稚園が多いなか、永華はまだゆったりしたスペースを持っていた。保育料もほぼ相場と言えた。

永華幼稚園9月入園を決めた4月22日は、もうひとつ大きな出来事が起きた日でもある。
それは………
posted by マダム スン at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134021217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。