2009年11月26日

互いに未熟だった夫婦。抜けられないトンネルの中にいたあの頃。ランの託児所(幼稚園)探し、本格的にスタート。少子化・台湾、園児募集に熱心。

台北は3月になると気温が30度に届きそうな日が増えて来る。日本の三寒四温のように何度か冬に逆戻りし、20度前後の肌寒さになるが、5月には日本でいう夏を実感するくらいになる。
私の書評のミッションは続いていた。
また、リーとの衝突の様子も再三日記につづられている。その原因の多くは食事や、私の超マイペースな生活様式に対する彼の苦言や文句だった。
あの頃は互いに自分の価値観や主張が最も全うで、なぜそれが相手にはわからないのだろうとの見地から脱却できなかったように思う。そして、行き着くとこまで行かないと改められない弱さ、未熟さも互いに似たようなものだった。

リーの「4歳入園論」を聞き入れ、3歳になったランも年子のメイも私が家で育てていたが、そうこうしているうちに4歳もそう遠くない現実になり、4月から私は精力的にランの託児所探しを始める。
台湾は9月に新年度が始まり、ランは10月生まれ。よって、ちょうど年度開始の9月から託児所(幼稚園)に入れることになったのだ。
リーは前年日本へ帰った時、花粉症に苦しんだので、その年は一時帰国を例年より遅くしたが、それまでにどこに入れるかを決め、入園申込を済まさねばならなかった。

台北は大都市。我が家周辺にもたくさん託児所がある。
私は娘たちを連れて訪問し、見学させてもらう。すべて私立で、保育料も特色もさまざま。台湾も少子化傾向にあり、どこも熱心に園児募集活動をしてることを実感する。
posted by マダム スン at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133923151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。