2009年11月22日

思えば、2人娘の子育てに一番しんどかった2~3歳の頃。義弟一家、上海移住を模索。ガソリン価格上昇、リー、パジェロの通勤費用を憂う。

子育てに疲れ、悩み、声を荒げて娘たちを叱っては自己嫌悪に陥り反省し、G出版からの書評の依頼を受け続けながあ2007年は明けた。
3歳のランはようやく自分でトイレができるようになり、履きにくいタイツを自力で履けるようにもなって、私をホッとさせた。
年子の妹メイは、ランとは大きく異なり、食べる量は少ないし、半分ほど食べると、ぐっとスピードが落ち、口の中でモグモグするだけで飲み込まず、私はイライラ…… 毎食だいたいそうで、私はノイローゼになりそうだった。

12月、1月になると、台北の家の中でも17~18度に下がることがあり、とても寒く感じる。そのくらいの気温になると暖房をつけたくなる。
旧正月を祝う台湾は静かな元旦を送る。
そして、1月中旬、メイが満2歳に。義母宅でリーの弟一家も集まり、ケーキを買って祝った。ちょうど1ヶ月ほど上海に出張していた義弟がメイにプレゼントを買って来てくれた。
建築士の義弟は台北の会社に勤務しており、時々中国にも短・長期の出張があった。
それに、いずれ上海で仕事を見つけ、家族で移住したいと動き始めていた頃であった。

また、あの頃、リーが愛車パジェロを売ろうかどうか迷っていた。ガソリンの価格は上昇し、燃費の良くないそれは通勤車には向かない。1ヶ月に必要なガソリン代を試算するとたまげた。恒常的駐車場不足に悩む台北では、大きなパジェロだと不便なことも多々あり、私も買い替えに賛成だった。
posted by マダム スン at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133579997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。