2009年11月19日

夫婦といえどももとは他人。その上うちは国際結婚。未知の文化に戸惑い、悩む。リーに読まれたメール騒動……

まったく相容れない部分や見解の相違がない夫婦などほとんど存在しないはずだが、我が家も例外ではなかった。日本人同士であってももともとは他人、男と女という異性であれば、生活を共にしていると何かと衝突や立腹はあって当然である。
それがうちはいわゆる国際結婚というやつで、近い国・台湾であってもあらゆる生活習慣や価値観で日本とはかけ離れた未知の文化があるし、もちろん私の育った家庭環境とリーのそれも少なからず差があったのだから大変である。

それから、私とリーはこれまたいわゆる交際期間が短い、電撃結婚の端くれだったからよけいに同居後の問題は多かったように思う。
とにかく私には馴染みにくかったり、驚いたり、どうしても受け入れがたかったりする新文化に悩まされた。今から思えば、私もリーも晩婚で年齢だけは重ねていたが、人間としては未熟、互いに自分を主張するばかりで大人になれなかったことが悔やまれる。

私は2人のことで胸を痛め、ひそかに苦しんでいた。
それを1回目の台湾留学時、マンションをシェアして住んでいた頃の大家さんに打ち明けようとメールを書いていた。私たち夫婦より少し年長で、後に東京に越し、仕事をしている2人を実の兄と姉のように慕っていた。その「兄」が紹介してくれた台北の会社に私が入社し、そこでリーと知り合ったゆえに、話も早かった。
どうしたものか不明だが、その心情吐露したメールを閉じずにいたらしく、リーが読んだと言うのだ!
posted by マダム スン at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133311738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。