2009年10月29日

じーちゃんばーちゃん付き添いで関空へ。ラン、予想外「いい子」に変身。80日ぶりの台北、亜熱帯パワーに汗。

いよいよ台北に帰る日が来た。
梅雨の最中、蒸し暑さが増していた頃だった。
1歳半のメイと2歳8ヶ月のランを連れ、荷物を抱えての移動は骨が折れるため、両親が関空まで付き添ってくれた。
娘たちは大人の大変さもどこ吹く風で、電車やバスを楽しんだ。
しかし、
「台湾にはじーちゃんもばーちゃんもいないよ」
とか
「じーちゃんばーちゃんが喜ぶから、また日本へ帰ろうね」
と言うと、悲しい〜などと言い、泣くのだった。

関空までが遠いのだが、そこからも私の正念場だった。
毎回、飛行機に乗る際、娘たちは早朝起こされ、寝不足のはずなのに
道中、機内ともにうたた寝すらせず、大きな声ではしゃいだり、あれこれ触ったり、歩き回ってこちらは冷や汗、ため息ものだった。
それでも、特に客室乗務員たちは幼い子供が可愛いらしく、ニコニコおおらかに接してくれたが、親としては恐縮し通しであった。JALグッズなどをもらい、チャイルドミールは目も楽しませてくれて、ランはご機嫌なのだが……

ところが、その日は私の不安をよそに、予想外の成長ぶりをランは見せた。
搭乗後、席にちょこんと座り、安全ベルトを自ら締め、ウロウロ動かず、しばらくスヤスヤ〜、見違えた。

80日ぶりの台北。
到着した夜は30度を下らず、翌日も早朝すでに31度><
亜熱帯・台北生活に再び突入。
posted by マダム スン at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本へ里帰り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131464769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。