2009年10月21日

民宿家族経営に待った!リーの起業構想に断固反対する。

今年の夏休み、台湾に一時帰国した時も訪れた宜蘭縣は台北から車で1時間半ほど、東澳はエメラルドグリーンのすばらしい海が臨め、小さな村の小学校を山側に進めばキャンプもできる水辺もある素敵なところだ。自然が好き、アウトドア派のリーがこよなく愛するのは理解できる。
しかし、何でも事業を興すのには資金が要る。誰かと組んだり、出資を頼まねばならないだろうし、うまく軌道に乗る保証もない。
公務員の家庭で育った私は、ただ「商売」というだけで恐怖感を覚えたし、夫婦2人で切り盛りし、もし無理なら現地でひとり雇って手伝ってもらおうと考え始めていた私に、リーはこう言った。
「やるならお袋やシューエンも連れて行って一緒にやるよ。」
シューエンとは私からすれば義理の妹、リーの弟の奥さんである。

え?

これで、揺れていた私の気持ちは決まった。断固反対。
みなが住み込んで働くということだ。断固反対。
言うまでもなく、私は義母や義妹が嫌いではない。もちろん彼女らは善人で、世話にもなっている。
だが、これとそれとはまったく別問題だ。
気は遣う。やはり日本人と台湾人の生活習慣や価値観の差異も同居となるとさらに歴然としてくるはずだ。
それに、報酬や休日でもそれぞれに言い分や希望はあるだろう。近しく親しい者同士だからこそ言いにくいこと、ぶつかってはいけないことがある。

私は勇気を出し、はっきりその旨リーに訴えた。
posted by マダム スン at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本へ里帰り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。