2009年10月12日

さよなら、ソウル。いち時代の終焉。台湾帰国後、即ケーブルTV,ADSL再開工事。

台湾帰国を前日にひかえた4月5日、足繁く通った最寄りのチェーンベーカリ、パリス バゲットにパンを買いに行った。豊富な種類が揃い、店にはコックさんのあの長い白帽を被った若い女性のパン職人、学生バイトらしき可愛い店員と韓国美人そのものの麗しき店長。ランやメイを可愛がり、連れて行くと毎回のようにパンやクッキーなどをくれた。
お気に入りの食パンなどが売り切れるのを怖れ、しょっちゅう予約を英語で四苦八苦しつつ交渉したものだ。焼きたてアツアツのそれを袋の口を閉めずに持ち帰ったこともしばしばだった。

それから、元高校教師のマンション管理人のおじさんには中国語で手紙を書き、キミーにハングル語に翻訳してもらったものを渡した。言い尽くせないほどの感謝にあらためてジーンと来る。今も元気だろうか。ランとメイを見せに行きたいなあ。

万感迫る一日。
さよなら、ソウル。
そして、リーと出会い、多くの親しい同僚がいるあの会社から、とうとうリーも私も籍をはずし、過去のものとなっていく。

4月6日、早くも日差しが初夏の台北に着いたのは午後4時。
飛行機でともに帰った荷物をその日のうちにだいたい片付ける。
まだ殺風景な我が家、メイを義母に預ける。
翌日、さっそく止めていたケーブルTVとADSL再開作業に午前午後ともに来てもらう。これでNHKが見られるようになり、インターネットにも接続可能に。

まだ家財道具がそろわず、昼も夜も台湾名物バイキング式食堂・自助餐の世話になる。近所に芳香自助餐という安くておいしい店があるのだ。
posted by マダム スン at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | さよならソウル、リー転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130073463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。