2009年10月10日

韓国料理店で温かな送別会。切ない夜。こんなにソウルが好きになるとは思いもしなかった。

ランとメイは何度かリーのオフィスに行ったことがあり、秘書キミーだけでなく、他の社員たちとも面識があった。
それでだろう、送別会にはぜひ私と娘たちも一緒に、とのお誘いがあり、3月31日金曜日夕刻に集合、みんなで予約してある韓国料理の店へ歩いた。
穏やかな日で、風は冷たいものの美しい黄昏に恵まれた。COEXや現代百貨店を左手に見て、談笑しながらゆっくり歩いた。
私とリーがカムジャタンのファンというので、ソウル支社の面々も賛同、大鍋のそれをみんなで囲んだ。辛い料理なので、いつものように娘たちにはあらかじめ食べ物を用意し、持って行った。

10人ほどに減ってしまったソウル支社のメンバーは、湯気を立てるカムジャタン同様に温かかった。
異国の台湾から来た、ハングル語ができない支社長のリー。
本社命令に従い、断腸の思いでリストラを断行した彼の心中をすべて理解してくれていたのだろう、彼の退職をひどく惜しんでくれた。
送別会のみならず、リーと娘たちに洋服までプレゼント、申し訳ないくらいだった。

気心が知れ出したキミーに話したことがある。
韓国に来る前は本当に気が重かった。ソウルは寒いし、韓国人は日本人に敵意を持ち、冷たいらしくて怖かった、と。
「歴史的にはそういう事実も過去もあるけど、一般の人はもうそんなことないわ。敵意なんてとんでもない!」
キミーは笑って答えた。
ありがたかった。そして、こんなにソウルが好きになるとはまったく予想していなかった。
韓国と、この情厚い仲間とお別れかと思うと、あらためて寂しさがこみ上げる。切ない夜。
posted by マダム スン at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129938501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。