2009年09月26日

厳冬でも雪が少ないソウル、大寒波でもたいして降らず。リー台北出張から義母を連れて帰る。

その後、パスポート受領時も林さん親子に同行させてもらった。
ご主人には運転手をお願いしたし、ビール、ビスケット、ドレッシングなどをお礼として渡した。

12月は18日に2度目の雪、そして4日ほどではないが積もった。
そして、20日夜からひどく冷え込んできたな、と思っていたら、天気予報は当たり、翌日に雪。
11月頃からどんどん気温が下がり始め、12月に入って早々積雪があったが、思ったより量は少ない。聞くと、韓国北部のソウルは雪が少ないのだそうだ。
確かに、気温は低く、プラスにならない日も多いわりには雪はあまり降らないし、大雪にもならなかった。

しかし、空気は乾燥する。肌質がちがうのだろう、メイはそれほどではないがランはほっぺや唇がかさかさ、赤くなり痛々しい。あれこれ工夫してやるが、なかなか回復しなかった。

クリスマスが近づいてきた。
その頃リーは6泊7日という最長の台湾出張が入った。
こう長いと食材不足に陥るため、秘書キミーの都合の良い時間に1時間弱留守番に来てもらい、現代百貨店などへ急いで買物に出たこともあった。娘たちもすっかり彼女になつき、喜んで遊んだ。感謝感謝。

さあ、12月26日。
実はこの日、リーは台北から義母を伴って帰って来た。1月のメイ満1歳の誕生日を一緒に祝い、15日に台湾へ帰国するというスケジュールと聞かされていた。

20日間。

義母は7月末、私たち母娘が初めてソウル入りする時も一緒に来て2週間ほど滞在したことがあった。
posted by マダム スン at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128870865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。