2009年09月25日

日中でもプラスにならず、雪なかなか溶けず。ソウルの日本領事館へ林さんとパスポート申請へ。

日中でも気温はプラスにならず、降った10cmの雪はなかなか溶けなかった。
室内はオンドルで常春だが、外出時にはレッグウォーマー、耳ウォーマー、手袋、マフラー、ロングコートの重装備でちょうどよかった。
零下10度以下になろうとも、散歩は毎日欠かさなかった。早朝まだ暗いうちに家を出ると、夜明け、朝焼けの時刻と重なり、幻想的な風景に出会える。その美しさには思わず感嘆のため息が漏れるほどで、静寂のなか、世界が自分だけのものになったようなやさしい孤独と感激に包まれる。どうしても外気に触れてしまう顔の一部はとても冷たかったが、歩いていると温まり、一日の至福の時間とも言えた。

さて、そろそろ私のパスポート有効期限が終わりに近づいているのが気になってきていた。
たまたま林さんが来宅時にその話題が出て、ミクちゃんのパスポートを申請したいことがわかり、初雪の4日後、林さんのご主人の車に同乗し、一緒にソウルの日本領事館へ行くことになった。その日は木曜日ながら、ご主人は休暇をとることができた。そして、私もリーに正午のお昼休みからメイの守り兼留守番を頼み、ランと2人出かけた。

領事館も江北側にある。橋を渡り、だいぶ見慣れてきた街を走る。
ラン、ミクちゃん連れのこと、なかなか時間をとったが、無事受理されホッ。今回も10年間有効のもので、今あるパスポートはソウルで取得した記録が残っている。

リーが待つ家に急いで帰る。わ、午後4:20、彼とバトンタッチ。
疲れたが、休む暇なく家事になだれ込む。洗濯はまだだし、メイのお風呂も。加湿器をつけても乾燥し、娘たちにはお風呂上りベビーオイルやクリームを塗ってやっていた。
posted by マダム スン at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。