2009年09月21日

ソウルで地下鉄初乗り。古賀さんと特別晩餐会で初体面。豪華な催しにびっくりする。

渦中の林さん母娘と翌日地下鉄で出かけることになった。
私とランにとってはソウルで初めての地下鉄体験である。
古賀さん主催で毎週行われているオンヌリ教会こひつじ会という親子向けの集まりが特別晩餐会を開くことになり、招待されたのだ。
土曜日午後3:30にCOEX内にある地下鉄の駅で待ち合わせ、良才駅近くのホールを借りた会場まで歩く。

立派なホール1階の会場は、子供たちの心奪う可愛い飾りつけや遊具が準備されていた。
そして、この時私は古賀さんと初体面する。
張りのある聡明そうな声の持ち主であったが、初老ながらとても品のある女優のような美しい女性なのに驚いた。ソウルに来てから本当に世話になりっ放しで、何度も礼を述べた。

アトラクションや豪華なご馳走、気前良くプレゼントもたくさん!
ランもミクちゃんもご満悦である。
帰りは林さんの例のご主人が車で迎えに来て、私たちの自宅そばまで送ってくれた。
初めて見るご主人、噂どおり流暢な日本語を話し、やさしい印象を受ける。
林さんより2歳年下の彼、ふだんは林さんに遠慮する面もあるそうだ。
可愛いミクちゃんもいるのだし、何とか仲良くやってほしいと思う。
晩餐会の盛況振りを私たちが彼に話すと、
「宗教団体はお金持ってるんですよ」
とのこと。
それはたしか台湾でも聞いたことがある言葉であった。
posted by マダム スン at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128500329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。