2009年08月21日

台湾の年号は辛亥革命に関係する。今年で民国98年。日本、台北、そしてまもなく韓国へ。

さあ、今日よりまた本来の「マダム スン」に戻る。
突然だが、台湾にも年号がある。
だが、もちろん日本のように各天皇在位期間とは関係はない。「中華民国〜年」と言い、多くは「民国〜年」と略す。
たとえばリーだと、民国55年(1966年)生まれになる。
そもそも台湾の年号は1911年10月10日夜、中国で起きた辛亥革命を起源とする。清朝を打倒し、古くから続いた帝政を廃止し、共和制に基づく中華民国を建国した年だ。翌1912年1月1日、かの孫文が中華民国臨時大総統に就任したわけである。

よって、今年は民国98年となる。長女ランは民国92年、次女メイは94年生まれである。
しばらく中断したが、物語は民国94年に戻る。(それまでのお話は7月10日以前のバックナンバーをご覧ください)
リーが社長からソウル支社長を命ぜられ、5月1日に彼が先にソウル入り。
まだ首が据わったばかりのメイと、ランを連れ、私は日本の実家に帰り、3ヶ月間を過ごしていた。
7月21日夜、リーが来日。
23日家族4人でいったん台北に戻る。リーは数日後、仕事があるため先にソウルへ飛び、我ら母娘3人と義母は7月30日、いよいよ未知の国、韓国へ向かうことになった。
posted by マダム スン at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル前、3ヶ月間の日本滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126153126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。