2009年08月19日

台湾八八水災、総統馬英九指導力問われる。中国人は情、理、法。帰国準備開始。

8月上旬、南部を中心に台湾に大きな被害をもたらした台風8号。
奇しくもこちらの父の日、8月8日にそれは起こり、「八八水災」と名づけられている。総統、馬英九の迅速なる指揮、行動力の欠如までもが今なお連日メディアをにぎわせている。
リーも残念そうに言う。欧米では「法、理、情」の順に社会的な物事は進められるのだろうが、中国人の世界では「情、理、法」なのだ。50代後半になる馬英九がまだそれを十分理解せず、特に野党民進党支持者が多い南部の人々の心を癒やし、つかむような指導力を発揮できなかった。それなら総統府に六法全書を置いておけばいいじゃないか、と。

私も残念である。まず、人情、道理、そして法律を重んじるのが中国人というのもわかる。
被害を受けた人々の心身の傷が一日も早く治まり、馬英九がこれを教訓に、情厚い実行力のある総統に生まれ変わることを願う。

さて、とうとう明日台湾を発つことになった。
思えば40日間なんてあっという間だった。
昨日は午前中蔡老師が来宅、4回目の二胡レッスンを受け、午後から荷造りを開始した。特に長女のランは日本へ帰るのを楽しみにしている。娘たちの中国語は期待に反して上達しなかった。
なぜか。
幼稚園に行かなかったからだ。1ヶ月半だけでもこちらの幼稚園に通わせれば速かっただろうが、多くの時間を姉妹2人で過ごすことになり、結局日本語の環境が出来上がってしまったわけである。
まあ、仕方ない。日本へ帰ったら、また私は中国語で話し、中国語のCDやDVDをメいっぱい利用しよう。

さっき二胡を練習した。
そして、台湾に置いておくその二胡をケースにしまう。悲しいなあ、、
長期的に弾かないので、週に一度はリーにケースを開け、外気にあててもらう。

この「2009台湾夏報告」をご覧いただき、心から感謝申し上げます。
台湾での写真は帰国後掲載できると思います。
また、当ブログは7月10日に中断した内容に戻ります。我が家4人がまもなく韓国ソウルに移り住む場面です。
今後とも変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願い致します。
posted by マダム スン at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009台湾夏報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126017490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。