2009年08月12日

アンパンマン油絵、作者から贈呈。台風後の市場へ。台湾で「1斤」はいくら?

ウクレレ青年は、ランとメイ、それぞれにアンパンマンの油絵を贈呈し音楽教室の面々に惜しまれながら、今日朝「当兵」のため、列車で台中へ行った。
2枚の絵を娘たちが胸の前で持ち、彼と記念撮影もした。絵にはサインも入っている。
入隊前の超多忙時に、朝4時までかかって描いてくれた油絵。日本の家に飾り、大切にするぞ。

さて、今日は久しぶりに市場へ買出しに行った。肉、魚類がなくなったのだ。
野菜の産地を台風が通過すると、影響や被害の度合いが正直に価格に反映する。大型スーパーでも品薄、価格高騰が顕著だったので覚悟して行った。
覚悟はしていたが、やっぱりこう高いと決断が鈍る。
たとえば、ふだん一束10〜15元の葉モノ野菜が20〜30元、地瓜という、日本で言うさつま芋も倍の値段になっている。キュウリもほぼ倍、大き目の1本を買うと20元もした。
それでも必需品の食料、買わないわけにはいかない。

その後、豚肉屋へ行った。リーは、豚や鶏も被害を受けたと話していたが、肉の方はいつもと変わりなし。ホッ。
そして、今回の台湾滞在で一度は食べたいと思っていた心臓を手に入れる。前回来た時はもう売れていたのだ。140元。
大人2人、幼児2人の我が家だと、半分に割り、片方は冷凍保存し、2回味わえる量である。
簡単かつおいしい食べ方は、フライパンに油を敷き、ショウガの千切りをまず炒め、そこへ適当な厚さ、大きさに切った心臓を入れ、しょう油のみで味をつけながら十分火を通す。
これだけである。
コチコチした歯ごたえで、香ばしく、娘たちも喜んでまず心臓ばかり食べていた。

めったに自分で買い、調理することはないが、豚の腰肉もまたちがう食感で美味。リーは豚の耳も好きだ。

昨日は日本では獲れない、台湾ではなじみの魚も一尾100元でゲット。
麺屋でラーメンのようなタイプの麺も。
あ、ちなみに台湾ではよく「斤」という字を見かける。
「1斤」が600gである。台湾にいらっしゃる方、覚えておいてくださいね。
よって、私は「今日は挽き肉を半斤欲しい」などと言って市場で買物を進めるのである。
posted by マダム スン at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009台湾夏報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125590760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。