2009年06月20日

黄皮膚科と教会はセットで訪問。台北のバスは安くて便利。リー、再度ソウルへ。

リーと結婚してからは黄皮膚科付近のアパートから彼のマンションに引っ越したため、当然「徒歩5分」では通えなくなったが、バスか地下鉄、時にはリーの車で李さんのエステを受診した。何小姐がいるあのカトリック教会も目と鼻の先で、黄皮膚科と教会は毎回セットで訪ねるようになった。
交通手段はだいたいがバスだった。地下鉄の駅まではかなり距離があったが、バス停はマンションのすぐそば。その上、うちから黄皮膚科のある隣りの新店市までは「一段票」、いわゆる一区間、15元(約40円)で行けるのだ。
バス料金は私の一回目の留学時代(1994年頃)と変わらない。距離によって「両段票」の30元となるが、それでも安くて便利だ。

ソウル赴任を承諾したリーだったが、その後またしばらくは悩んでいた。もともと転職希望の意向はあったし、重任を受ける前にいっそ退職してしまおうかという気持ちが起こるのもわからないではなかった。
しかし、子供が2人、4人家族となった今、無謀なことはできない。
彼が興味を持っている民宿経営やヨット管理業務などは、そう容易に始められるものでもない。
ふっ切れないなか、1ヶ月ぶりとなる3月21日より、リーは再びソウルへ出張となった。
posted by マダム スン at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 4人家族になって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121845919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。