2009年06月05日

青春映画さながらの友達の輪、今も。母子、我が家へ帰る。

中国語学校や会社から身を引いて、どんどん知人友人が増える状態から遠ざかったが、もともと広く浅い交友は苦手だったので、さほど寂しいとは感じなかった。信頼できて、気の合う人たちと深く、永くつき合いたいと思っていた。
ゴマくんなどは日本語がぺらぺらで、留学時学校で知り合った日本人学生の紹介で知り合ったので、今なおその「友達の輪」があり、結束は固い。彼女はゴマくんが学んだ日本の国立大学の先輩にあたった。先に日本語学校へ通った関係で、実際は年長のゴマくんが大学では彼女の後輩になっていたらしい。
私の一回目の台湾留学でできた、アメリカ人男子留学生を加えた4人の輪は、今想っても胸がきゅんとするほど純で、まさに青春映画を地で行くものがある。
思えば15年を経た今年、4人をモデルにしたあの当時を360枚の小説に仕上げた。ずっと描きたいと構想を練っていた忘れえぬ物語。記念碑にしたい。

さて、私の出産疲れは依然身体にまとわりついていたが、ついに退院の日がやって来た。
陳医師突然の退職で慌てたが、謝医師は懇切丁寧で腕も良く、何ら不足を感じなかった。
すっかり顔馴染みになった外来の看護師さんや産褥期ケアセンターのスタッフにも重々お礼を述べ、珂産婦人科を後にした。
1月13日以来の我が家。
引越したのがわかるのか、メイは夕方4:00頃まで泣いていた。
しかし、そんなのは序の口であった。メイとランは姉妹ながら、まったく別個の人間だとその夜から思い知らされることになったのだ。
posted by マダム スン at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。