2009年05月31日

母乳呼ぶマッサージ、初シャワー。ソウル転勤濃厚に。

胸が張って痛みを感じるが、3日目の夜やっと搾れたのが15cc。看護師さんには「まだ詰まってるみたいね」と言われる。温めてマッサージして、水分も多く摂るよう心がける。

産後4日目、初めて階下の珂産婦人科主催・ママのための離乳食教室に参加する。
この日はよく晴れて、暖かいのだろうと思っていたら、朝は12度しかなかったらしい。12度なら十分、台湾の気象予報士が「低温に注意しましょう」と呼びかける気温だ。1月17日、日本の多くの地域でこれだけあれば暖かいのだけど。

リーは毎日見舞いに来てくれた。要・洗濯の衣類を持ち帰っては洗い、私の説明にそっていろいろと持って来てくれた。
総じて台湾には日本より家事一般ができる男性は多いが、リーもそのうちの一人で、家を空けても心配無用、助かった。その日は夜7時に義母宅へランを迎えに行くという。リー曰く、ゆうべランは大泣きして一時間ほどリーを寝かせなかったそうだ。母親不在をぐずる子ではなかったが、まだ一歳3ヶ月、そんな日もあって当然だ。
この日は産後初めてシャワーを浴びた。義母やリーが知ったら「まだ早い!」と叱られるだろうが、看護師さんのお墨付きだった。私自身シャワーする気になったのも、今回は縫合部分の傷口の痛みが弱いおかげだろう。疲労感はまだあるものの、第一子出産時よりは楽なことが多かった。

リーのソウル転勤の件。彼の話を聞いていると、辞令受諾の方向へどんどん傾いている様子だ。私もソウル移住について考える時間が増えていった。
posted by マダム スン at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120527165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。