2009年05月20日

入院した途端お腹は痛まず。にぎやかな病室での夜。

リーは会社から帰宅し、シャワーを浴びてから、私にお弁当を買い、足りない物を持って珂産婦人科に再び来てくれた。急な入院だったので、病院での食事は翌朝からしか提供できないと言われたのだ。
今夜中にも生まれるかもしれないと思い、リーは徹夜も覚悟で来たようだった。
私は病室内にある洗面所でシャワーと洗髪を済ませ、病院指定のネグリジェ式お産服に着替えた。懐かしい。ランを産む時も着たことがあった。
リーと2人でいると、彼のケータイに電話が入り、同僚夫婦らが早くもお見舞い(?)に来ると言う。
しばらくして、夜市などでお馴染みの食べ物などを手土産に数名の知人たちが701号室を訪れた。決して広くはない個室はにぎやかになるし、メイは気が変わったのか大人しくなり、朝からのいつもとちがう体調の悪さはどこかへ行ってしまった。
「おかしいなあ、お腹も腰も全然痛くなくなったわ。」
我ながら拍子抜けする。
謝医師が夜、様子を見に来てくれた。私の変わり様にいささか驚く。
入院は無駄だったのではないかと思い始めていると、
「いや、明日かあさって中には必ず生まれますよ。で、問題は自然に陣痛が来るのを待つか、明日陣痛促進剤を打つかですね。」
しばらく謝医師と意見交換した後、翌日午前10:00に陣痛促進剤を投与することに決まった。どうせ一日しかちがわないなら早い方がいいと思ったし、謝医師もそれを勧めた。

この結果を受け、リーは病院待機を中止して自宅に帰ることにした。
ようやく静かになった。
私は、依然お腹に留まっているメイと2人、暗い病室のベッドに横たわり、眠りに落ちた。
明日かぁ・・・・・
明日はリーの会社の忘年会の日でもあった。
posted by マダム スン at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。