2009年05月18日

ゲーム先進国・韓国、リーがソウル支社長?! 子宮口開く。 

私もかつて働いていたリーの会社は本社が台北にあり、当時は北京、香港、東京、ソウル、バンクーバーに支社があった。オンラインゲームの先進国は韓国で、ソウル支社の果たしている役割は大きかった。
韓国人がその支社のトップを務めていたが、公私混同のひどい沙汰になっており、社長は台湾人のまとめ役を送り込み、事態の収拾に当たりたかった。
リーはその前香港の支社長を務めていた。ランを妊娠していることがわかった時期だ。
社員の平均年齢が若い会社で、リーくらいになると最年長クラスに入るし、もちろんその分経験もあり、彼は英語ができたのでどうしても社長の目にとまりやすかった。
リーと社長はとても馬が合う方ではなかったが、結局社長にとって最後の頼みはリーだったのだ。
「単身赴任はいやですよ。家族一緒ならいいけど、今、2人目の子が生まれようとしてるんです。」
リーは珂産婦人科で受けた電話で答えた。
しかし、社長はひるまない。
「OK,家族そろって暮らせる好待遇にしよう。」
はーっ、困ったもんだ。

診察を待っている間はそれでなくても気分がすぐれずつらかった。
ようやく順番がまわって来た。
子宮口は2cm開いているという。これから3階へ上がり、子宮の収縮が始まっているか検査すると謝医師に指示される。
40分かけて診る、長い検査が始まった。
posted by マダム スン at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119709148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。