2009年05月17日

第2子36週7日目、社長からソウル転勤の打診あり。

1月13日木曜日、メイは36週7日目。生まれても早産ではない。
足の付け根まで痛んで、なんともしんどい。
もともとランは義母宅へ預ける日だったが、念のためお泊りセットをリーに持って行ってもらう。
それから、午後は二胡レッスンだったが、朝のうちに蔡老師のケータイに電話をかけ、事情を話す。二胡を始める時に、1〜2月頃出産で一時中断することになる事は告げていたし、老師も教室のスタッフたちも心配したり、激励したりしてくれた。

つらいが、動悸がひどくて眠れない。
じっとしていられず、洗濯や片付けをし、二胡も弾いた。しばらく弾けなくなる予感がした。
食事はできるだけ残り物を使ってお味噌汁などを作る。

午後2時。リーが珂産婦人科へ同行してくれる。一応、出産入院一式バッグを持って行く。
謝医師の午後診、予約は7番が取れた。待合室で待っている時、リーのケータイが鳴り、彼は表に出てしばらく話していた。
戻って来るなり言う。
「社長から。ソウルへ行ってくれないかって言われた。ソウル支店長だって。」
は? よりによってこんな時に、、、、、 
韓国は訪れたことがなかった。すごく寒いイメージがあったし、何より2人目の娘がもうすぐ生まれようとしているのだ。
「いやだなあ、行きたくないよ。」
と私は言った。幼い年子に手がかかるまさにその時だった。
リーも同じ意見で、いかに断るか、考え始めていた。
posted by マダム スン at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119652445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。