2009年04月22日

ラン初の歯発見! 沖縄の旅、終わる。

刺身、いわゆる生魚を愛する文化というか慣習がある日本だが、その人口割合は世界的に見るととても低い。ヘルシー&ダイエットブームで刺身を口にする人の数は増加したものの、日本人のように本来持ちえた習慣や「素質」ではなかった。
リーも義母も然りで、数口食べれば十分のようだった。だが、日本には台湾にない魚があるし、リーはシンプルな塩焼きや干物を絶賛した。たしかに台湾では、魚に塩をしただけで焼く食べ方は少ない。干物も見たことがないように思う。

夜風に当たりながら海岸線を歩く。三泊四日那覇の旅も終盤、名残惜しい。
ランは満一歳まで、一ヶ月を切っていた。足腰が丈夫になり、固形物も徐々に食べられ、大人が食べているものをしきりに欲しがるようになっていた。
そして、沖縄の宿でリーが「ピッ」と顔を出したランの歯を発見!
上の歯が一本ちらり。みんなで喜んだ。
娘の背中に何かできているとか、足の指と指の間にどーのこーのとか、細かい変化に気づいたり、見つけたりするのはいつもリーだった。私はド近眼で、眼鏡をかけてもよく見えないことは多々あった。

10月6日、両親より先に台湾組は沖縄船員会館をチェックアウトし、11:40発の中華航空機に搭乗、日本より一時間遅れなので、午後2時には台北の自宅に着いた。
それほど疲れは感じず、私はすばらしいひとときに感謝し、余韻を楽しんだ。
posted by マダム スン at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117890610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。