2009年04月14日

積年の夢、二胡との邂逅。

昔は、自分のつたない中国語力に勇気が出ず、引っ込み思案になったり、訊きたいことも呑み込んだりしたが、その時ははっきりした質問も頭に浮かばず少し躊躇した。しかし、立ち去れず、とにかくドアを押した。
遠慮がちに靴を脱ぎ、足を踏み入れると、奥の応接セットから私と同じくらいの齢格好の女性が出て来た。
「あのォ、、、こちらは音楽教室ですか? それとも楽器屋さん?」
すると、オーナーらしきショートカットの女性は、
「音楽教室ですよ、楽器の販売もします。」
と、にこやかに答えた。
受付机の裏に入り、女性はファイルを取り出し、見せてくれる。
その後ろの壁に設えられた棚には楽譜がびっしり詰まっていて、ゴールドに輝くサックスが飾られていた。
私は開かれたページに目を移し、見ると、ピアノ、ギター、バイオリン、、、ズラリと教授可能な楽器名が並んでいる。
「えっ、二胡?二胡も教えてもらえるんですか?!」
思わず、声のトーンが上がった。
「はい、教えますよ。」

私は長い間憧れ、待ち望んでいた運命の人とやっとめぐり逢えたような、感動に近い、幸せな喜びを感じた。
二胡。日本では長く、だいたい「胡弓」と称されてきた中国の古典楽器である。
私は急に水を得た魚に変貌し、胸にあった二胡へのあふれる想いを興奮しながら吐露していた。
posted by マダム スン at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。