2009年04月04日

汗だくの一日。第2子は男の子・・・

なぜ私がバスで外出するのを避けていたかと言うと、台北のバスは危険だからだ。全部とは言わないが、運転が荒い運転手が多く、バスや道路自体の傷みが激しいこともあり、日本のバスからは想像できないほど乗り心地が劣悪なケースは少なくない。悪阻がひどかったり、安定期でない妊婦が乗るのを拒みたがっても仕方ない代物なのだ。

だが、リーは激昂して行ってしまった。
私はしばらく呆然としていたが、気を取り直して用意し、汗だくになりながらランを抱いて義母宅へ行ってランを半日ほど預かってほしい旨を伝え、すべてバスで移動して警察局と珂産婦人科の用を足した。
その日から12週目に入るお腹の子を超音波で見てもらうと、男の子と判明。横になり画面を見つめる私にも可愛い突起物が確認できた。
意外だった。
私は自分が男の子を産む絵を想像できなかった。自分は女の子しか産めない気がしていた。
でも、リーの理想は一姫一太郎。次は男の子を期待していたので、さぞかし喜ぶだろうと思うと気は楽になった。リーと反りが合わないのは由々しき厄介ごとだったが、やはりケンカや意地の張り合いは愉快でない。「男の子らしいよ」と告げることで、彼の態度や物腰がやわらかくなりはしないか、望まずにはいられなかった。


posted by マダム スン at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。