2009年02月25日

特撮?巨大モグラ? 床、隆起。 

嘘のような話でもあり、映画の特撮を見ているようでもある事態になっていた。リビングのソファセットやテーブル、テレビなどを置いていない部分、すなわち、キッチンの前辺りからずーっと玄関に続くところまで約4〜5m、タイル製の白い床が隆起している。大きなモグラでも走り抜けた感じだ。平素、私よりは冷静なリーでさえ、いったい何が起こったか解せぬ表情で驚いている。
「え? 何なの、これ?」
我に返ったリーは、驚きや嘆きをすでに通り越して笑って言う、
「めったに下がらない低温になって、かなり暖房焚いたでしょう、たぶん慣れない温度差の関係だと思うよ」
・・・・・・・・・・・・・・><

本当にそうらしかった。そういうことがあるらしかった。
台湾では当地でいう低温になった場合、凍死する人が出るし、あの年は一酸化炭素中毒で倒れる人が続出した。ふだん長時間にわたり暖房器具を使用したことがないためだろう。
バリバリバリッは、その後短いのが数回再来した。家の中に突然工事現場のセットが作られたようにも見える。
泣けてきた。
修理費用はかなりの額になるだろうし、何より職人さんが出入して、ドドドドッと工事が家の中で行われるのがイヤだった。

リーの仲の良い知人がその方面の会社をやっており、修理の段取りは早々に進んだが、案の定、最低一週間ほどはかかり、費用は台湾ドルで約10万元ということだった。当時のレートで言えば、約35万円である。
ランだけが、まったく別の平和な世界でまどろんでいるような、愛らしい表情で眠っていた。
posted by マダム スン at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 母になって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114776859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。