2009年02月16日

坐月子中心10日間滞在開始

私は「坐月子」に興味を持ち、のちにいろいろと調べてもみたが、長い歴史の中でかなり迷信じみた認識も生まれたことがわかった。「産後一ヶ月は歯磨き、洗髪、髪梳き禁止」などなど、厳しいオキテも結構聞いたが、それらはすべて医学的根拠のないものだった。
私がリーや義母に言われたことは、上記の基本令及び「せめて一週間洗髪、シャワー禁止」である。早くから私が反抗していたため「せめて一週間、、、」となったのがこれだ。
入院しているので私ひとりになる時間は長く、勝手に洗ってしまえば済むことだが、ドライヤーを持参していなかったため、どうにも髪が洗えず、産後まもなくリーと口論になった。彼らが言う程度のことはそれほど狂ってはいないが、日頃毎日シャンプー、シャワーしている私にはとてもつらかったのだ。

「坐月子」センターなるものは珂産婦人科のように病院内にあるものや、独立しているもの、また「坐月子餐」という産褥期特有の食べ物があり、それを自宅にデリバリーしてくれる会社もたくさんある。義母世代ならだいたい坐月子餐の知識があり、作れる人が多いが、退院しても面倒を見てくれる人がいなかったり、坐月子餐を作れる人がいないと、こういうサービスを利用するのが一般的だ。
義母は病気療養中の義父の世話で忙しかったので、坐月子センターに入ることをリーたちに勧められた。最初はなんのことだかよく理解できなかったが、後になり、入所を申し込める最短コースの10日間だけでも滞在できて本当によかったと思った。
リーは退社後やって来て自分も宿泊できるようにと、広いツインの部屋を予約していた。
posted by マダム スン at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 母になって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114316517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。