2009年02月09日

出産間近、激痛に暴れる

陣痛と言えば、10時間続いただの、それが始まって翌日ようやく生まれただのと聞いたことがあり、「長い」イメージがあった。
それで、私も痛みで朦朧とする頭で「今日中に生まれるのかな、明日かなあ」と考えていたところだったので、看護士の言葉にひどく驚いた。
リーがしばらく席を外した。戻って来ると、彼は、
「お袋に連絡しといた。今からこっちに来るって。」
と言う。
その頃、義父が進み行く病気のため、入退院をくり返しており、義母はその看病に忙しかったが、比較的義父が自宅で安定していたので出て来られるとのことだった。
看護士の子宮口チェックはしつこいほど続く。リーはそばで苦痛に暴れる私を押さえつけたり、看護士に入院手続きなど今後のことを訊ねたりしている。彼らの話し声は耳に入るが、内容に注意を注ぐ余裕など微塵もなく、私はかつて経験したことがない激痛に気が狂いそうになる。なんと表現すればよいのだろう、、、、、
陳医師が到着し、私のところへ激励に来てくれた。
そして、看護士が、我慢できなくなったら呼んでね、と言う。
「我慢できなくなるってどういうレベルを言うんですか?」
と私は力を振り絞って訊く。
「うーん、、、、、、 大便を我慢しきれなくなる感じね。」
看護士は真面目にそう答えた。
posted by マダム スン at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾の家庭に嫁ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。