2009年01月29日

結果はシロ、だが、、、、、

検査結果が出るまで、2週間待たなくてはならなかった。一日一日が憂鬱で、不安だった。それでなくても情緒が乱れやすくなっていたのに追い討ちをかけられた格好だった。
自問自答が終始続いた。もし、本当に異常がわかればどうする?
何度も問うた。そして、答えは常に「それでも産みたい」だった。いや、あきらめる気には到底ならなかった。それに、確かなことは、健康な子でなくても、この子への愛情は変わらぬどころか、さらに増すようにさえ感じられたことだった。
自分の本意、本心さえわかれば、腹は据わった。いざとなったら、それなりの手段で抵抗し、意志を貫く決意をした。

日本で言う夏が一年の半分ほどを占める台湾でも、やはり7〜8月の暑さは格別で、私は朦朧としながら毎日を送った。悪阻は休みなく身体にのしかかり、私の行動を制約する。
また、私は生まれつき骨細というか華奢(きゃしゃ)な体型で、太りにくい体質なのだが、妊娠中よく食べてるなあ、と思うものの、お腹の子が平均より小さいと定期検診のたびに指摘されるのもプレッシャーのひとつだった。小さめでも、元気に育っているならいいや、と私は思う。だが、リーが許さないのである。「君がもっと食べないからだ。」、「毎日いったい何食べてるんだ。」、「もっと00を食べろ。いいね。」などと厳しかった。
あまりにリーが、私がまったく努力していないように揶揄するのがたまらなくなり反論、そして衝突することがだんだん増えて行った。
緊張極まりなかった羊水検査結果はシロ、異常なしで一件落着となったが、リーとの諍い(いさかい)は減るどころか、恒常化の兆しを見せていた。
posted by マダム スン at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾の家庭に嫁ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113328441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。