2009年01月24日

新婚生活スタート

妊娠5ヶ月目にして台北に戻り、これで事実上ようやくリーとの新婚生活がスタートした感じである。
両家の親が認め、一緒に暮らすことは許され、そのうち入籍し、まず香港で一年ほどは2人だけの暮らしを満喫し、1〜2年後に妊娠出産、との計画は見事砕かれ、早々に台湾で妊婦道をひた走ることになった。
日本滞在時、私に午前中起きることを許さなかった悪阻は徐々に治まったが、胃をわし掴みにするような吐き気は頑固に終日続き、何かと動くのが億劫でたまらなかった。
相変わらず味覚はふだんと異なり、匂いにも敏感になり、本来大好きな毎晩のシャワーが苦痛で、誰か代わりに浴びてくれないものかと毎日考えたものだ。
匂いというのも、食べ物のそれに限らない。卑近なものを挙げれば、こともあろうにリーの汗や頭髪、煙草の匂いがテキメンにダメだった。近寄られるとウッと来るのである。
匂いのみならず、体調がすぐれない時は誰でもイライラしたり、短気になりがちなのだろうが、やはり「あなたの匂いがダメなの、近寄らないで」とは言えず、難儀した。息を止めて、ぐっと我慢。そんなことはしょっちゅうで、悪阻とは言え、あれほど愛しかったリーや彼が放つあらゆる匂いを嫌悪する自分に、私は大いに戸惑った。
posted by マダム スン at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾の家庭に嫁ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。