2009年01月23日

火中の台湾へ

不謹慎ながら、日本にいれば「対岸の火事」的なSARS騒ぎであったが、台湾に帰ることはまさに火中に飛び込んで行く格好であり、心中穏やかでなかった。しかし、慎重なリーが太鼓判を押す以上、従わないわけに行かず、重い腰を上げたのだ。
その頃でも、私は午前中べったり床に臥せて休んでいたので、早朝起床し、遠路空港まで行くことだけでもつらいことだった。
気分は悪いし、重い荷物は持てないので、リーが来日した時送ってくれた従兄に頼み、父も付き添って空港へ向った。
チェックインカウンターで私が妊娠していることを指摘され、いくつか質問されたがパスし、搭乗ゲートまでトコトコ歩いた。

機内はがらがら。数えるほどしか乗客はいない。航空会社に申し訳ない気分になる。
私はまばらな乗客の最後列の席を取り、マスクをして座った。客室乗務員がマスクをほぼ強制的に配り、着用させている。SARS流行のせいで、客室乗務員が感染したり、仕事を減らされたりしているニュースは知っていたので、同情もした。
また、誰かの咳払いに身を硬くし、近年に経験したことがない揺れにぞっとしながら、祈るような思いで2時間を耐えた。何が何でもお腹の子を守るのだ、との強い使命感は、妊娠中からもくもくと膨らみ、私を母親に作り上げて行った。

我が子が私のお腹の中で成長する過程もそばで過ごしたい、と望むリーは、私の帰りをとても喜んだ。
そして、職位が高く、会社は自宅に近く、勤務時間の融通もある程度利く彼は、その後定期健診のたびに自宅マンション下まで車で帰って来て、産婦人科までの送迎を担当するようになった。
posted by マダム スン at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾の家庭に嫁ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。