2009年01月17日

胎動はぐりぐりぐりっ

黄医師の安否を確認することはできなかったが、とにもかくにも台湾はもとより、どこにしろSARSで苦しむ人が一日も早くいなくなることを祈った。

6月になり、幾分楽になったような気もした悪阻と依然闘っていた私に陣中見舞いのような、うれしい贈り物があった。胎動である。
主治医によると、もう始まりそうなんだけどな、ということだったが、まだだなあ〜と思っていた矢先、あ、これかな?と感じる異変に気づいたのだ。初めての出産で、胎動がどんなものなのかもわからなかったというのか、イメージしていた胎動とちがい、見落としていたのだった。
胎動はぐりぐりぐりっという感じ。ころんころん、でもなく、くるくるっでもなかった。これかな、もしかして?と6月中旬に入る頃気がついた。
体験済みの友人に訊くと、やはりそのようだった。
それからは、胎動のヨロコビと可愛さに大きく支え、励まされたように思う。私のお腹には、本当に、赤ちゃんがいる。いのちが育っている。胎動が始まり、やっと来た実感は、日々の大きな原動力になった。

しかし、のんびりもしていられなかった。日本で取得せねばならない、いくつかの書類の申請の中には、県庁所在地にある県警本部まで行かなければならないものもあった。車にしろ、電車にしろ、片道2時間ほどはかかる大移動を思うと、気は重かった。
posted by マダム スン at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | リーと歩き始めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112723290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。