2008年11月23日

引越しの助っ人は謎の男性

約束の時間通り、その男性は現われた。若き支店長は彼のことを「友達」と称していた。しかし、私は引越し当日になっても、どうして社員でもない支店長の「友達」が無償で引越しの手伝いをしてくれるのか解せずにいた。
支店長は美人の類に入り、小気味よい調子で話すハツラツとした女性だったし、その不動産屋はチェーン展開しており信用を持てたので、私はとにかく引越しと言う小さくはない行事遂行に徹することにした。
謎の男性は、車に私と家財道具を載せ、短い距離ながら3往復してくれた。年は支店長より少し上くらいに見えた。
小さい車だった。彼は、助手席に座る私に「今日の髪型、似合うね。」と褒めた。私は素直に礼を言った。ほどなくして、バッグから取り出していたタオルハンカチに目をやり、「あ、スヌーピーのだ。可愛いね。」と評した。
誰でも褒められると悪い気はしないものだが、その時私は彼に対し警戒心を抱いた。微妙ではあるが、何かいやらしさのようなものを感じたからだ。
私は話題を変え、どこに勤めているのかと訊いてみた。「テレビ局だよ。」。運転席の彼はそう答えた。
posted by マダム スン at 10:03| Comment(0) | 再び台湾へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。