2008年11月22日

引越しを前に

さすがに半袖では肌寒くなってきた。台北には日本に比べ短く、時に過ぎてからそうだったのかと気づくほどの春と秋が訪れた。
しかし、春よりは秋の方が実感しやすかった。まず、ここが台湾かと思うくらい湿度が下がり、さわやかな空気に包まれる日に恵まれる。意識して闘わねばならない酷暑の後にやって来る、そんな神様からのプレゼントのような快適な陽気には手を合わせたくなるほどだ。
そして、空が高くなる。街を歩いていて、何かちがう、どこかちがう、と違和感を抱いていると、気づくのだ、あら、空が高くなったと。その空を見上げながら、長い長い夏の疲れを自ら癒やすかのように深呼吸する時の気持ちよさは格別だ。
引越しは、そんな秋の週末に決行された。晴れてよかった。
無料で引越を請け負ってくれたのは若い女性支店長だったが、実際車を運転し、荷物を新居まで運んでくれるのは謎の男性だった。
謎と言っても、何度か顔は合わせていた。というのも、その不動産屋へ行くたび、だいたい彼はそこにいたのだった。言葉を交わしたこともあった。でも、身分がわからなかった。40歳になるかならないかと思しき若き支店長と親しげに話すのだが、彼は他の社員のように仕事をしていない。グレーのホロ付き事務椅子に、小学生が座るように背もたれを抱き込むよう座って、くるくる回して遊んでいたりする。いかにも油を売っている、遊びに寄っているという印象しか持てなかった。
posted by マダム スン at 05:05| Comment(0) | 再び台湾へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。