2008年11月11日

帰国後早速職探しと一本の電話

帰国後、私はハローワークや新聞の折り込みなどで職探しをし、お酒のスーパーの店員と、学習塾の英語講師に採用された。中国語に関係した仕事がしたかったが、田舎ではなかなか叶う願いではなく、とにかくその次にでも興味あることから始めるしかなかった。
お酒には弱い。たぶん、味りんで酔う父の血を引いたのだろう、彼ほど重症ではないが、少量で十分効果が出る。
だが、お酒が好きだった。少し嗜むだけでよかったし、お酒の世界が好きだった。日本酒、ワイン、ウイスキー、焼酎、カクテル、、、、
それぞれに歴史、産地の特色、作られた謂れがあり、そういう背景や文化との関連を知ることがおもしろかった。
店員と講師とのバランスもとれ、多忙な毎日を謳歌できるくらいになっていた秋のことだった。地元で唯一ともいえる、中国語が上手な私よりいくつか年上の女性に時々中国語を習いに行っていたのだが、その先生から電話があった。
「、、、、、あそこに工場があるでしょう? そこに中国から20人くらい研修生を受け入れるらしくて、私、通訳を頼まれたんだけど、うち、商売やってるでしょ、行けないのよ。あなた、やってみない?」
台湾から帰って、5ヶ月ほど過ぎた11月のことだった。
posted by マダム スン at 05:37| Comment(0) | 再び台湾へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。