2008年11月02日

恋人との別れ

恋人との別れも、心が晴れない一つの要因だったと思う。ホテル時代の同期と交際して、結婚の約束まで交わしていたが、彼は長男、私は一人っ子、結局はこれが原因で別れざるを得なくなった。互いの家が、私たちを跡取りと考え、手放すことを拒んだからだ。彼が婿養子になってくれるよう試みたし、私も、親に背いてでも彼の家に嫁ごうかと幾度も考えたが、2人ともそこまで踏み切れず、別れを選んだ。
彼との連絡を絶った後もなかなか忘れることができず、何度こちらから電話をかけようかと迷ったかしれない。彼が遠路車をとばし、会いに来てくれないか、耳をすましたこともあった。
だが、そんな思いを徐々に振り切れたのは、まだ彼を深く愛しているから恋しく切ないのではなく、2人で過ごした時間や、楽しかった思い出が輝いて見えるからに過ぎないと、客観視できるようになったからだと思う。
もうダメなんだ。別々の道を歩く者同士だったんだ、と観念してからは、長いトンネルを抜け出たかのように、視野が開け、あらゆることに意欲的になっていった。努力しても叶わないこと、誠意があってもどうにもならないこと、願っても願っても聞き入れられないことがあるということを、初めて身をもって学び、人生との向き合い方を再考した。一見、悲観的に見えるこの悟りは、逆に、目に見えない運命とか宿命とか神の采配という強大な力が働いている事実を体感することとなった。
【関連する記事】
posted by マダム スン at 00:00| Comment(0) | 社会人時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。