2008年10月30日

本当に行くはずだったのは、、、

自分に理数系の思考回路が整備されていないと気づいたのは、小学校も低学年の頃だった。それで少なからず失望もしたが、作文や音楽、国語や社会の時間は大好きで、中学生になると、英語に興味を奪われた。少なくとも、そう、あの22歳頃までは、私は英語圏、特に欧米に近い世界に身を置く人間だと信じていた。
posted by マダム スン at 05:04| Comment(0) | 中国語との出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。