2010年02月07日

海辺の強風を活かし、風力発電。岡本太郎氏の「太陽の塔」彷彿させる巨大風車が並ぶ。台北よりゆっくり流れる時間。マリンブルーの海に終始うっとり。

四国ほどの面積しかない台湾だが、最南端の縣・屏東縣墾丁地方には台北とは異なる風情がある。海に抱かれた土地は強風が吹くため、風力発電に力を入れている。日本人なら岡本太郎氏の「太陽の塔」を連想してしまうような、白く巨大な風車が等間隔に建てられ、ぐるりぐるりと回っている。

南国台湾にも透き通るような白い肌の持ち主はたくさんいるが、強い陽光を長く浴びる地元の人々には褐色の肌が多い。大都会・台北に比べ、明らかに時間の流れも緩やかだ。暮らしも質素だと想像できるが、このうだるような暑ささえ何とかなれば、そんな生活に憧れる。

そう。暑いのだ。6月中旬なのに、クーラーの効いた車からそう長く離れていられない。
「ねえ、6月でこの猛暑ということは……」
リーに話しかける。
「これからもっと暑くなるよ。」
ぞっとする。正常な思考能力を失いそうだ。

それにしても、ドライブは飽きない。墾丁のマリンブルーの海は文句なく美しく、私はうっとりしっぱなし、何度賛美の言葉を発したかわからない。

正午が近づいてきた。
にぎやかな恒春に戻り、とある総合病院の駐車場を拝借し、昼食。
その後、あと2泊投宿する墾丁青年活動中心へ向かった。
posted by マダム スン at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。