2010年01月08日

日本に近い台湾の天候は日本と連動。台北8度の極寒時、日本の実家は39年ぶりにマイナス5.5度まで冷え込む。旧正月休暇終わり、伊巴珈琲、王さん胃潰瘍からの復帰に喜ぶ。

春節寒波はしばらく続いた。2月13日、旧正月7日目には台北で8度まで下がる極寒。冬でも10度を下回ることがほとんどない台北でこの低温はこたえる。
飛行機で関空から台北は2時間余り、沖縄だと1時間ほどゆえ、天候はさすがに日本と連動している。台湾でこうなのだから、日本の実家と通信すると、39年ぶりにマイナス5.5度まで冷え込んだという。

8月に旧暦の情人節(バレンタインデー)を祝う台湾は、ご丁寧にも2月またそれで盛り上がる。
だが、例によって、私はリーに何もする気になれず、もちろん彼もそのようであった。
ランの幼稚園は10日間ほど休みになっただけで、小中学校などより早々と平常保育に戻った。
16日(土)義弟一家が上海に帰る日にはランもリーと一緒に見送りに行き帰宅後しばし泣いた。もっと従姉たちと遊びたかったという。

私にはうれしいことがあった。伊巴珈琲に王さんが復帰したのだ!
重症の胃潰瘍で手術し、その後大事をとり1ヶ月静養していた彼女、毎日の薬と定期検診は欠かせないが、まずまず元気そうでホッとしたし、マックなど他を探さなくても、自宅すぐ向かいのオアシスの再来に心安らいだ。
彼女もバツイチ、年齢も近いこともあり、私はその頃から家庭の悩みをたくさん彼女に打ち明けるようになる。思うに、当時あのカフェ通いは私にとって大きな精神的支柱になっていた。
posted by マダム スン at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。