2010年01月07日

2月6日大晦日、上海から帰国した親戚も集い、にぎやかに暮れる。3が日、故宮博物院へ。すごい人出、リニューアルした故宮は大人気。展示品は3ヶ月ごとに入れ替えられる。

その年の旧正月は2月7日、世の中は迎春ムードがどんどん高まっていった。
6日が大晦日、中国語でが「除夕」と言い、いちばん盛り上がる日である。家族が集い、ゆっくり夕食を楽しみ、午前0時をともに越すのが一般的だ。その前後からあちこちで爆竹が響き始めるのが、その年は雨、寒波襲来で寒く、静かだったので助かった。

上海から義姉、義弟一家が帰って来てにぎやかな年越し。
料理のうまい義母が腕をふるった食卓いっぱいのごちそうをいただく。
お年玉は「紅包」という真っ赤な小袋に入れ、大晦日にでも渡してしまう。日本で言う元旦を前に「新年快楽」とあいさつする。

お正月寒波と雨がちなお天気が続いたが、ずっと家の中では子どもたちが可哀そうだと、1月3日にあたる2月9日、リーと娘たち、義弟一家が車で故宮博物院へ行くことになった。三が日からオープンしているらしい。

7人はお昼を挟んで出かけた。
ようやく帰って来たリーによると、ものすごい人でゆっくりはっきり見られなかったらしい。お正月から大盛況なのだ。
それは大規模改装をしたり、新たなPRを展開して生まれ変わった故宮の威力とも関係しているのかもしれなかった。
私は語学学校の学生の頃、ひとりバスに乗って何度か故宮に通った。
なんでも3ヶ月ごとに展示品が入れ替えられるとかで、マンネリ化しないのも魅力だ。
また、人が少ない時にひとりブラリと訪れてみたい。
posted by マダム スン at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。