2009年11月21日

険悪ムード一掃、ランを連れ、書評を頼まれているG出版社訪問を思いつく。クリスマス飾りつけ美しい出版社での楽しいひととき。

数日間、リーは険しい表情をしていたが、そのうちまた何もなかったような態度に戻った。思うに、彼は私より元来楽観的である。
根本的解決には程遠いが、波風はおさまり、また危なげな日々が続いた。なんとかしなければ、と焦る気持ちを抱えつつ、結局有効な手は打てないまま時間は過ぎて行った。

日本なら師走で正月気分高まる12月下旬、メイが義母宅へ行く朝、私はランを連れ、G出版社に行くことを思いつく。ちょうど出来上がった書評もあったし、お天気が良く、またG出版はリーの会社から至近距離にあり、リーの出勤時に載せて行ってもらえるのだ。例によってG出版の次期社長はそこのひとり娘で、婿に行ったのがリーと私共通の元同僚である。その彼に会うのもいいだろう。

このプランを朝話すと、リーは快諾、彼の愛車は3人で台北市内湖区を目指した。その日はほとんど渋滞に遭わず、25分くらいで着くので驚いた。

突然の訪問だったが、日本語書籍担当の金さんたちは喜んで私とランを迎えてくれた。3歳になったばかりのランは社内の多くの社員の気を引き、お菓子をもらったり、相手になってもらったり、にぎやかだ。
果たして、逆玉の輿、事実上マスオさん状態にある元同僚・小宏とも久しぶりの再会。楽しいひとときであった。

帰りは214番のバスで帰る。乗り換えなしだが、リーの車のように一直線に我が家へは行かず、飽きるほど回りまわってようやく辿り着く。
でもよかった。G出版に行ったのは、リーとの共通の話題づくりの意味もあったのだ。
posted by マダム スン at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。