2009年11月10日

リー、4歳入園論説く。義母、海外旅行で不在も、私ひとりで子守り踏ん張る。託児所計画断念。

たしかに同じマンションに住む幼児のいる家族でも、日本でならふつう保育園に通っているくらいの子供を家に置いているところがあることに気づく。
リーは言う。
「幼いうちは託児所に行っても遊ぶだけで、たいして得るものはないんだよ。それどころか、かえって汚い言葉を覚えたり、悪い癖なんかをもらって来る。君は専業主婦で家にいるんだし、4歳まではうちで見ればいいよ。」
言われてみれば、自信を持って反論する勇気も萎える。
リーはいくつかの例を挙げ、説明した。経済的理由があり、託児所に入れる時期を極力延ばす家庭もあるし、いくら平均以上の裕福な家庭でも、さっき話した理由で、できるだけ長く家庭で教育しようと考える夫婦もあるそうだ。リーの知り合いだと、お金に不自由するとは思えない家庭で、子供をなかなか託児所にやらない例は結構あった。
それに、集団生活を始めると、風邪や病気をひっきりなしにうつされるとも聞く。

義母は独身のひとり娘である私からすると義姉と一緒に上海やタイなどに旅行して不在なこともあり、私はあの頃とみに子育てに忙しく、一人で背負う緊張と疲れに時々押し潰されそうになっていたが、考え直すしかなかった。
近所の託児所へは説明を聞きに行ったりしていたが、夫がこう言いますので、と低調に断わり、改めて子守り任務への覚悟を決めた。
posted by マダム スン at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。